カバー類仮付け

なんちゃってホンダRCレーサー風エンジン化計画wが進行中ですが、とりあえず、これまでに塗り終わったカバー類を取り付けてみよう!というわけで・・・。

スポンサードリンク

実際に取り付けてみないとやっぱりイメージが湧かないし、残すは大物2点!クラッチカバーとヘッドカバーの塗装!モチベーションを保つために!(笑)

1

今回カバー類のリフレッシュに伴って、購入した部品たち。

2

で、さっそく、オイルパン、ポイントカバー、オイルフィルターカバー装着!

う~ん、やっぱり少し色が濃かったなあ。。。(涙)

3

真っ赤に錆びちゃってたローターはワイヤーブラシで小綺麗にしてあげた。

4

スターティングモーターケーブル取り付け部のナットも真っ赤っかに錆びちゃってる。

5

細かい所だけど、せっかくバラしたこの機会にリフレッシュしましょう。

6

オイルプレッシャースイッチ。

7

サブコードはやはり劣化しています。
新しいものに交換します。

8

A.C.ジェネレーターワイヤーハーネスも漏れなくカッチカチ!(苦笑)
リプレイス品が入手可能なので、有無を言わず交換です。

せっかくA.C.ジェネレーターの配線作り直したのに、こっちがお古のままっていうのはいただけません。

9

結構苦労したA.C.ジェネレーター(笑)

10

いざ車体にドッキング!

11

あらら~。。。
わかりずらい写真だが、A.C.ジェネレーターの配線とそれにつながるワイヤーハーネス、これじゃあ長すぎる。。。

うまいこと収めようとすれば収まらないことはない。。。

けど、配線ごちゃごちゃなのはどうも好きになれないので、ワイヤーハーネスをカットして長さを微調整します。

12

すっきり、いい塩梅。

13

というわけで、
残すは
クラッチカバーとシリンダーヘッドカバー
素人のおいらにとって
こいつらは手強い・・・w

つづく

CB400Fでのツーリングの思い出や整備記録などを備忘録としてノートしている個人の趣味ブログです。空いた時間を利用して不定期にまったりと更新しています。バイク好きの皆さんからのコメントお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。