R.クランクケースカバー(クラッチカバー)塗装

さて、今回はR.クランクケースカバー(クラッチカバー)の塗装です。

スポンサードリンク

なかなか手強そうな対戦相手ですw

1

やるか!w

2

カバー外れました。

3

クラッチ周り。

4

バラしていきます。

6

SHIOHOUSE謹製クラッチセンターホルダー

7

8

組む時に順番間違わないように、いちいち写真撮りながら作業してます。(苦笑)

9

クラッチ周りが外れました。

あ、そもそもクラッチカバーを塗装するのに、なんでわざわざクラッチ周りバラしてるのよ?

それには理由がありまして・・・

10

こいつです。セカンダリードライブギヤー。

おいらのヨンフォアは、俗に「猫鳴き」と言う症状らしいのですが、ギアを入れて発進加速するときに、「ミャー」とも「キュイーン」とも言える音が出るんです。

走行面で異常をきたしているわけではないのですが、この音、気にしだすと、本当に気になる音なんです。。。(苦笑)

新年会の時に須永田師匠が「そりゃ~あれだ、クラッチアウターとセカンダリードライブギヤー。」とピンポイントな原因を教えてくれたんだなあ。(ありがとうございます。)

なるほど!というわけで、早速、強化タイプのセカンダリードライブギヤーを製作していたCustom ParanoiaのPekeさんに相談してみたのであります。

・・・でも時すでに遅しで強化タイプのセカンダリードライブギヤーは現在すでに品切れで造ってもいないとの事。

あう~。残念無念。。。

がしかし!「中古良品のドライブギヤーならある。」との神のささやき!

11

で、忙しい中、ソッコーで送ってくれたようで、届いたんだな。セカンダリードライブギヤー。

まだ代金も支払ってないのに!

Pekeさん「お代は結構。音が鳴り止めばいのですが・・・結果を楽しみにしています。」との事。

なんとありがたい事でしょう!(号泣)

お礼を言っても言い切れない位、本当に嬉しかったです。(泣)その節は本当にありがとうございました!m(_ _)m

須永田師匠やPekeさん、そしてSHIOHOUSE店主の言うように、この音に関してはクラッチアウターのギヤーとセカンダリードライブギヤーの相性の問題であるから、セカンダリードライブギヤーだけ交換しても鳴きが止むとは限らない。
該当部品を一つずつ挿げ替えて確認するしかない。

・・・で、いざセカンダリードライブギヤーを交換しようと思ったら・・・

ここのボルト、くっそ固くて外れねええ!!!(悶絶www)

どうやらネジロックで固定されてるようで、インパクトでも使わない限り無理。。。
青空整備でインパクトを持ち合わせていないおいら、今回は泣く泣く見送ることにして、後日再度着手することとしたのです。
要するに、こういう作業はきちんとしたガレージなりなんなりで行うべきなんですよね。。。(反省)

というわけで、Pekeさん申し訳ありません。セカンダリードライブギヤー装着後の結果報告はまだできない有り様です。m(_ _)m
装着完了の暁には、結果報告を必ずさせて頂きます。。。

※後日談:セカンダリードライブギヤーを交換しました。結果、バッチリ猫鳴きの症状が治まりました!Pekeさんならびに関係者の皆さま、その節は誠にありがとうございました。)

12

とまあ、すったもんだのてんやわんややりながら、当初の目的である
R.クランクケースカバーの塗装は完了しました!!!(苦笑がとまらない・・・)
つづく

CB400Fでのツーリングの思い出や整備記録などを備忘録としてノートしている個人の趣味ブログです。空いた時間を利用して不定期にまったりと更新しています。バイク好きの皆さんからのコメントお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。