5

シリンダーヘッドカバー塗装

だいぶ間があいてしまったが、なんちゃってホンダRCレーサー風エンジン化計画w、最終章、いよいよシリンダーヘッドカバーの塗装です。

スポンサードリンク

1

素人サンデーメカニックのおいらに、シリンダーヘッドカバーを外して、塗って、再度組む。
そんなことが、できるのかよ!!!?www(ブルブルブルブル・・・。)

2

まあ、やってみます。w
なんとかなるさ。というより、何とかする!(爆笑!)

3

まず、ブリーザーカバーを外し・・・

4

タコメーターケーブルを外し・・・

5

シリンダーヘッドカバーのボルトを緩める。
ここまで順調です。(ブルブルブルブル・・・w)

6

こういう、自分にとって結構な難問を相手にする場合、たっぷりと時間を確保した上で、いちいち写真を撮ってバックアップを確保しつつ、慎重に慎重に事を進めます。(急いては事をし損ずる!)

7

シリンダーヘッドカバー外れました!

8

ここぞとばかりに観察。

9

どうしても、カムシャフトの摩耗具合に目が行ってしまうな!(笑)

12

さて、

一旦家に持ち帰ってきたシリンダーヘッドカバー、塗装をするために臓物をバラシて行きますよ~。

13

今回の作業に当たって、SHIOHOUSE店主にレクチャーを受けていた、注意点。
「タコメーターギヤーを外すときは外側からプライヤーとかでつまんで、オリャー!って引っこ抜いちゃダメよ!ギヤーの方から優しく叩いて外す事!」

なるほど~!店主のレクチャーを受けていなかったら、間違いなくオリャー!するとこでした。(笑)

14

タコメーターギヤー、無事摘出完了。

15

全バラ完了。

(今回、せっかくだから写真奥に見えているずっ~とお蔵入り状態のリードのタペットカバーを使おうかな?と思って当てがってみたものの、なんか違うなw つ~ことで却下w )

16

塗装の下処理完了。
そしてミッチャクロンを吹き・・・

この工程ももう慣れたもんですねwww
結構地味で、骨の折れる作業です。

17

塗ったった!!!

18

タペットキャップとボルト類は新しい物を投入しました。

19

タコメーターギヤーのオイルシール類は新しい物を組み込んで・・・

20

装着完了。

・・というわけで、

シリンダーヘッドカバーの塗装完了!!!

つづく

CB400Fでのツーリングの思い出や整備記録などを備忘録としてノートしている個人の趣味ブログです。空いた時間を利用して不定期にまったりと更新しています。バイク好きの皆さんからのコメントお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。